2つの方法があるフローリングの修理方法

長年の使用によるフローリングの汚れや傷、色あせなどを修理する方法には、専門業者に依頼する方法と個人で修復する方法の2つの方法があります。


2つの方法は費用や完成度などそれぞれ特徴が異なり、両者はフローリングの状態や使用者の要望によって使い分けられています。



個人で修理する方法は、ホームセンターなどで修復用の道具を購入し、それを使って安く仕上げられる点が最大のメリットになっています。


具体的な方法としては、パテやワックスを活用したフローリング修理用キットがホームセンターなどで販売されており、それを使用すれば簡単に補修することができます。また、これらを使わなくてもできるやり方があり、例えば、へこみを修復する場合は、布を床とアイロンの間に挟み、そのままアイロンの蒸気を床に当てて膨張させることで補修を行ったり、色あせた部分に使用済みのティーバッグを当てて着色を行うなどの方法があります。



専門業者に依頼する方法は、料金はそれなりに掛かりますが、補修作業後の完成度がとても高く満足できる仕上がりにできる点が強みになっています。

専門業者の具体的な作業としては、ワックスや汚れの除去、劣化部分の修正、特別なコーティング材による保護などを順番に一つひとつやっていきます。
これらのサービスはフローリング全体をきれいにしていくので、リフォームと同じ効果を発揮できるのが優れた点となっています。さらに、これらの専門業者はフローリングだけでなく、玄関のドアや壁などを修復する技術も持っているので、全てまとめて修復できる点も高く評価できるポイントです。